はじめてナイアシンを摂取すると、たいていの場合は著明な紅潮(ナイアシンフラッシュ)が起こります。これは、ナイアシンの服用後、数時間にわたって顔や首元がほてり赤くなる現象を指します。紅潮の程度には個人差があり、ナイアシンの吸収スピードによって様々ですが、ナイアシンを食後に服用することで紅潮が少なくなります。さらに付け加えると、ナイアシンアミドや徐放型ナイアシンはゆっくりと吸収されるため、紅潮が出にくいという特性があります。

 

紅潮が起こり得ることについては、ナイアシン服用前に必ず認識しておく必要があります。また、副作用としてその他の症状が生じる場合もあります。例えば、吐き気、頭痛、耐糖能(血糖値を正常に保つ能力)への影響、肝臓の数値上昇が起こる可能性があります。

引用:https://isom-japan.org/article/article_page?uid=nwbkn1582531228